キャッシングの限度額は何によって決まるのか

投稿者: | 14/06/2017

基本的にはキャッシングと言う物は決められた枠の中でお金を借りたり返したりするものになります。なので、この枠が50万円の方と10万円の方とでは大きな違いが生じています。これは一般的には限度額と呼ばれていて、個人個人によって多少の違いが出るようになっています。

その違いがどこから出ているかと言うと、まずは本人の返済能力になります。例えば年収が120万円の方がいた場合、総量規制により消費者金融は最大でも40万円が限度になります。

しかし最初からこの限度額いっぱいまで貸し付けされる事はなく、通常は確実に返済できるであろうと思われる金額が貸し付けされます。最も多く見られるのは最初は10万円程度から始まり段階的に40万円まで限度額が上がっていく形になります。

次にポイントになるのが本人の信用ですが、こちらは借り入れと返済をキチンと行えばほぼ自動的に限度額は上がっていきます。またあまり良い方法とは言えませんが、限度額いっぱいまで借り入れして利息分だけを返済し続けても限度額は上がっていきます。

この場合は消費者金融から見れば利息を払い続けている良いお客さんになりますので、借りている期間が長ければ長いほど限度額が上がっていく傾向が見られます。