同一グループ系のキャッシングは要注意!

投稿者: | 18/06/2017

キャッシングといえば、銀行カードローンの場合、保証委託先となっている信販会社や消費者金融系の会社で過去に金融事故を発生させていると審査に不利になるというのが一般的です。特に現在では、保証委託先も限定されてしまい、審査落ちするというのが一般的です。

このような現象が、消費者金融間でもあり、三井住友銀行、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、そして株式会社モビットではより注意が必要です。つまり、三井住友銀行の保証委託先は、SMBCコンシューマーファイナンスとなっており、プロミスの審査結果に影響が生じます。その逆としては、プロミスの審査に通過出来ない場合、三井住友銀行カードローンは審査落ちするのが想定できます。しかし、注意が必要なのは株式会社モビットであり、会社自体が独立しているため、審査結果に影響が無いと考えてしまいます。しかし、同じグループに属する会社の場合、顧客情報システムで管理されてしまい、プロミスの審査に通過出来ない場合はモビットの審査も通過出来ないといったことに注意が必要です。プロミスとモビットのキャッシングを検討する場合、どちらか一方に限定して申し込みをすることが得策になります。