キャッシングはローン購入代わりにしてはダメ!

投稿者: | 16/11/2019

商品を購入したり、サービスを利用したりする際、手元に現金が足りない場合はローン契約するというのが一般的な方法です。しかし、キャッシングをローン代わりに利用するのは最適な支払方法ではありません。

キャッシングは原則利用目的が自由であり、商品購入やサービスの代金支払い、レジャー費用や資格取得費用にも利用することは可能です。しかし、これらの支払の多くはクレジットカードや割賦契約いわゆるローン支払に対応していることが多く、金利もキャッシングに比べると低く設定されています。

大手消費者金融では上限が18%、中小消費者金融ともなると利息制限法の上限20%が多く、クレジットカードや割賦契約の金利15%に比べると遥かに割高です。そのため、キャッシングを利用する際は現金支払にしか対応していない場合に限定することがおすすめです。